ファストフード店員

ファストフード店員

食品・飲食サービス

どんな仕事?

 ファストフードとは、すぐ食べられる手軽な食事のこと。ハンバーガー、サンドイッチ、ドーナツ、牛丼などが挙げられます。出勤するとユニホームに着替え、連絡事項の確認、接客のロールプレイング(想定練習)や声出しを行います。その後、店舗付近の清掃。食品を扱う仕事なので衛生面は特に注意が必要です。しっかり手洗いをして業務に入ります。通常業務は接客、調理、維持管理(清掃など)の3種類に主に分けられるでしょう。早番の場合は開店準備やレジのセット、仕込みなどを行い、遅番はレジ締め、閉店作業、店舗内清掃、機械メンテナンス、翌日の計画や商品の発注などをします。それぞれの業務を通じ、お客に喜ばれるためには何をすべきかを考え行動することが大切です。人と話すことが好き、人を喜ばせることが好きな人が向いているかもしれません。

なるには?

 特に必要な資格や学歴はありません。いつどこで食べても変わらないおいしさを提供するため、企業独自で品質管理のマニュアルやライセンス、資格を設定している所も多く見られます。正社員募集で入社する以外にも、アルバイトから正社員に登用されるケースも少なくありません。

収入は?

 新卒入社で正規雇用の場合、基本給16万円前後です。マネージャーや店長など、昇格するにつれて収入は増えるでしょう。

休みや勤務時間は?

 勤務シフトは三交替(早番・中番・遅番)の場合が多いでしょう。休みもシフト制で週休二日程度が一般的です。

ひとこと

 ファストフードは教育産業とも呼ばれるほど従業員教育に熱心な業界。対人業務におけるチームワークや相手を思いやる姿勢やコミュニケーション能力が大切で、各店舗、特に力を入れています。業界で培われた社会人としての能力は、他業界へ転職しても役立つでしょう。

上記記事は沖縄仕事図鑑を発刊した当時(2008年)の内容を参考にしております。収入や資格、なるための条件、勤務体系などが記載と変わっている場合がございます。※賃金などは下記の参考賃金データもご参考ください。

参考賃金データ

ファストフード店員
平均賃金 正契/月給171,000円
【沖縄の平均賃金本 2020<2020年出版>より】

販売店員(百貨店店員を除く。)(男女計)
所定内給与額 (男女計)195,400円
【賃金センサス(厚生労働省賃金構造基本統計調査)<2019年・沖縄県>より】

商品販売の職業
求人平均賃金 168,000円(常用フルタイムのみ)
【那覇公共職業安定所 業務日報<令和2年3月>より】

※『平均賃金(沖縄の平均賃金本 2020)』について
沖縄県で発行された代表的求人誌3誌(抜粋)合計15冊に掲載された職種の給与の平均額になります。残業代・諸手当は含まれていません。
冒険王株式会社より発行。

※『所定内給与額(賃金センサス)』について
労働契約等であらかじめ定められている支給条件によって支給された現金給与額のうち、残業手当などの超過労働給与額を差し引いた額をいい、所得税等を控除する前の額をいう。※月額表示となります。
臨時労働者(日々又は勤務期間が1か月未満)は調査対象外。
百円未満は切捨て表示となります。

※『求人平均賃金(那覇公共職業安定所 業務日報)』について
雇用契約において雇用期間の定めがないか又は4か月以上の雇用期間が定められた求人が対象。※月額表示となります。
千円未満は切捨て表示となります。

※数値は公的な調査データに基づいたもので、あくまで目安であり、実際と異なる場合もあります。