沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 庭師ってどんな仕事?造園業や植木屋との違いはある?

庭師ってどんな仕事?造園業や植木屋との違いはある?

更新日:2020/01/27

庭師とは具体的にどんな仕事をするのでしょうか。庭造りが庭師の仕事ですが、必要とされるスキルは多種多様です。草木の知識、地形土壌の知識、石の知識、そして何より空間デザインのセンスが問われる専門家が庭師なのです。
また、庭造りと一口にいっても、個人宅の庭だけにとどまりません。公園などの公共空間やゴルフ場、オフィス街など庭師のフィールドは広範囲にわたります。今回は庭師の仕事に焦点をあてていきます。

庭師の仕事内容とは

庭師の仕事の範囲は、個人宅の庭園造りおよび維持管理、さらには公園・オフィス街・ゴルフ場などの公共空間の景観造りまで、幅広く存在します。
個人宅での庭造りでは、樹木の剪定により「間」を創り出し、庭全体とのバランスを考慮した庭園造りの技術が求められます。樹木・草木などの豊富な知識はもちろん、日本庭園の空間デザインについても深い理解が必要とされる専門家です。

また、公共施設では緑化のため植木をしますが、造園空間のデザイン力が重要となります。地形や土壌に適した植木の選別や、公園であれば多くの人が利用するスペースや歩道の確保などにも気を配らなければなりません。

植木の維持管理もまた、庭師の重要な仕事の一つです。作業時間は、その作業に応じて柔軟であることが求められます。たとえば、レジャーランドなどでは、入場者がいないときの作業になりがちですので、朝方や夕方から作業ということもあります。

資格は必要?

庭師の仕事は資格なしでも行うことができます。もちろん、資格があれば庭師としての信頼性が高まることはいうまでもありません。
仕事をしていくうえで関連する資格として、「造園技能士」「造園施工管理技士」「樹木医」などがあります。
以下、それぞれの資格について説明していきます。

造園技能士

都道府県知事が実施する国家資格です。1級・2級・3級の等級があり、受験するには必要とされる実務経験がそれぞれ違います。

試験科目の内容も、庭園・公園の一般的知識から、造園の施行に関する専門的知識、設計図にも及びます。学科だけではなく実技もおこなわれ、実際に竹垣の製作などを試験されます。広範な知識を必要とする資格であるため、幅広い場での活躍が期待できるのがこの資格の特徴です。
個人宅の庭だけではなく、工場・オフィスの緑化、あるいは公共工事の現場でもなくてはならない存在なのです。

造園施工管理技士

国土交通省が管轄する国家資格です。施工管理の資格のなかでは最難関とされています。

受験には実務経験が必要ですが、学歴によって必要とされる経験年数は異なります。1級と2級の2段階があり、一定額以上の発注工事には有資格者の現場常駐が法律により義務付けられています。個人宅のような小規模の工事であれば、造園施行管理技士の資格は必ずしも必要とはいえません。しかし、大規模な工事では、有資格者が必ず必要になります。

有資格者の常駐が法律により義務付けられているケースもありますので、資格取得は仕事の幅を確実に広げてくれます。

樹木医

文字通り、樹木のお医者さんです。民間資格の一つですが、7年以上の業務経験が必要とされるうえ、試験も第1次の筆記、第2次の2週間にわたる研修など、資格取得が難しいものの一つです。

近年は樹木医補という制度が設けられ、樹木医補になれば、必要とされる実務経験が7年から1年に短縮されるようになりました。ただ、樹木医補になるためには、認定・登録された大学で単位を取得し、卒業する必要があります。

樹木医は、樹木の病状の診断・治療にあたるため、樹木の種類、生態、構造などに精通していることがもとめられます。樹木の適切な管理によって、樹木の老衰による倒木で人的・物的被害などを未然に防ぐとともに、みどりの文化財としての保護樹木の維持管理など、都市の緑化において欠かせない人材として活躍することがもとめられます。

造園業や植木屋との違いはある?

造園業

造園において、全体のプランの作成、庭園のデザイン、植木・石などの資材の仕入れなど総合的な業務を担当するのが造園業です。個人宅だけではなく、公園などの造園、保守管理なども請け負います。一般的には規模の大きな仕事をこなせるのが造園業とされます。庭師や植木屋も広い意味での造園業に含まれます。

植木屋

植木屋は、剪定の専門家といえます。庭師が造園において総合的な役割をつとめるのに対して、植木屋の対象は主に庭木の手入れです。

業務内容として庭師とかぶる部分もありますが、植木屋が取り扱う範囲は庭師に比べると限定されています。植木屋は、数名程度の従業員で業務をおこなう場合が多いため、個人宅での作業など小規模の業務が主であるとされています。

まとめ

四季折々にその姿を変える草木と庭は、実に美しいものです。人の心を和ます空間の創造は、自然に対する深い理解とそれを実現する技術、そしてデザインする庭師の芸術性にかかっています。
奥が深い業種ですが、それだけに、全力で打ち込んでみる価値がある仕事といえます。

造園の求人を見る

記事一覧を見る