沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 正社員の副業はOK?おすすめの副業を紹介します

正社員の副業はOK?おすすめの副業を紹介します

更新日:2019/11/20

正社員として働いている人の中には、副業したいな…と考えている人も多いと思います。仕事が休みのときに副業できれば、空いた時間を有効に使えて収入も増えるのですから一石二鳥です。しかし、正社員で副業ってなんだか勇気がいりませんか?
パートやアルバイトではないけれど、仕事を掛け持ちしてもよいものなのでしょうか…?

正社員の副業について

正社員という立場で副業するのは、なんだか良くないことをしているようなイメージですが、特に法律で禁止されているというわけではありません。むしろ、会社側が副業を一律禁止にすることのほうが問題とされています。というのも、就業時間以外については、どう過ごそうがその人の自由だからです。就業時間以外も会社側が縛る権利はありません。つまり、就業時間以外に副業をするのは別に悪いことではないのです。

しかし、会社によっては就業規則で副業を禁止にしている会社も多くあります。副業を制限することは一つのリスクヘッジ(危険を予測し、回避できるよう前もって対策しておくこと)と言えます。

副業を行うことで一番懸念されるのが、やはり本業に影響が出てしまうことです。副業に入れ込みすぎて、疲れからミスが増えてしまったり、体調不良になったりするおそれがあります。
副業することで生まれるリスクというのは少なからずあるので、就業規則であらかじめ禁止している会社があるのです。

副業する上で注意する点

副業を認めている会社であれば気兼ねなく副業することができますよね。ただ、副業する上では注意しなければいけないこともあります。

もしも副業により1年で20万円以上稼いだ場合は確定申告をする必要があります。また、20万円を超えていなくても副業分の住民税額を確定する必要があるので、注意してください。

副業としておすすめの仕事

正社員の副業としておすすめなのは、体力をそこまで必要とせず、拘束時間が短い仕事です。具体的な仕事をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

データ入力

データ入力といってもいろいろありますが、特におすすめなのは在宅でできるものです。自宅にパソコンさえあれば特に資格や特別なスキルは必要ないのですぐに始めることができます。
内容としては企業の持っている情報をデータ化したり、アンケート情報の集計などになります。単純作業が苦にならない人にとっては向いている仕事です。

ライティング

ライティングもパソコンがあれば比較的だれでも挑戦しやすい仕事ですが、データ入力よりはハードルが上がります。
仕事の内容は、企業から渡されたキーワードやテーマに沿って記事を書いていくというものです。ライティング経験のない方は報酬の安いものからスタートすることがほとんどなので、稼げるようになるまでやや時間が必要になります。

アフィリエイト

近年、副業として増えているのがこのアフィリエイトです。アフィリエイトというのは、成果報酬型広告のことで、広告主である企業が売ってほしい商材をアフィリエイターに依頼します。アフィリエイターはその商材をブログなどで紹介し、ブログ訪問者がその商材を購入してくれるまたは商材の広告をクリックしてくれることで報酬を得ることができます。
具体的な仕事内容としては、まずサイトを作成し、サイトの更新や管理を行います。どんなときにサイトの訪問者が増えるのか、訪問者はどんな人が多いのかなどかなり頭を使う仕事ではありますが、多い人では月に100万以上稼ぐ方もいます。

アンケートモニター

アンケートモニターは、アンケートや調査に参加するだけという非常に簡単な仕事です。効率よく稼ぐのはやや難しいですが、スマートフォンでwebアンケートに答えたり、会場に出向いて新商品の試飲・試食をして感想をアンケートに記入したりとさまざまな方法があります。中には覆面調査員として飲食店で料理を食べることもあり、楽しみながら稼ぐことも可能です。

まとめ

本来、正社員だからと言って就業時間以外の時間を副業にあてることは特に違法でもなんでもありません。しかし、就業規則で禁止されている場合もまだまだ多いです。会社に無断で副業してしまうとトラブルになりかねないので、やむを得ず副業しなければいけない場合は会社に必ず相談するようにしましょう。

また、副業が許可されている、もしくは申請すれば許可してもらえる会社であればどんな副業でもやって良いのかというと、そうではありません。本業に支障が出ないことは大前提ですが、信用を損なうような仕事(本業の競合他社で働くなど)は避けるようにしましょう。

記事一覧を見る