沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > オープニングスタッフにはどんなメリットがあるの?注意点などを紹介します

オープニングスタッフにはどんなメリットがあるの?注意点などを紹介します

更新日:2019/07/03

アルバイトや正規雇用の仕事を探していると、「オープニングスタッフ募集!」という文言を見かけることがありますよね?
企業側も一つのアピールポイントとしていますが、オープニングスタッフにはどんな良い 点があるのでしょうか。また、注意すべき点はないのでしょうか。

オープニングスタッフとは?

オープニングスタッフというのは、その名の通り、新しくオープンするお店のスタッフのことです。主に接客を必要とする飲食店・コンビニ・アパレルなどで募集されることが多いです。
オープニングスタッフの場合、店舗が実際にオープンする前から勤務が始まります。

オープニングスタッフとして働くメリット・デメリット

メリット

上下関係がない

職場での上下関係などの人間関係が嫌になって仕事を辞めてしまったという人は多いと思います。しかし、オープニングスタッフとして雇われた人たちはみんな同期です。年齢の違いはあれど、スタートラインは同じです。スタッフ同士の関係が築きやすいので、和気あいあいとした雰囲気で働けることも。

採用されやすい

新たにお店をオープンするとなれば、従業員を一から確保していかなければいけません。そのため、大量に募集がかけられ、採用率も上がります。
しかし、採用されやすいからといって履歴書の準備を怠ったり、面接での態度が良くなければ不合格になってしまいますので、最低限の準備、マナーはお忘れなく。

好条件の求人が多い

スタッフの確保を優先しなければいけないので、オープニングスタッフは時給が高めに設定されていたり、福利厚生がしっかりしていたりと好条件であることが多いです。

研修が充実している

既存のお店に新人として入ると、人によって教え方にムラがあったり、研修自体しっかり受けられないことがあります。初めてのバイトとなればいきなり本番は不安が多いですよね。しかし、オープニングスタッフはオープニング前に基本的なマナーや接客・販売業務における研修がしっかり行われます。

やりがいがある

オープニングスタッフならではのメリットとして、一からお店作りに携わることができます。必要な備品をそろえたり、ポップを作成してみたり、家具の配置を決めたりと将来的に自分のお店を持ちたいと考えている人にとっては良い経験になります。

デメリット

とにかく忙しい

大前提として、オープン日に間に合わせなければいけないので、準備の段階でもかなり忙しいです。さらに、オープンしたばかりのお店は話題性もありますから、多くのお客様が押し寄せることもあります。オープンセールなどを行うお店であればなおさらです。そのため、オープンしてしばらくは忙しい日々が続き、思うように休みがとれないということもあります。

覚えることが多い

実際にオープンしてからしばらくは、手探りでお店を運営していくため、方針やルールがコロコロ変わってしまいます。それをどんどん覚えていかなければいけません。
さらに、自分が働くポジション以外の仕事も覚えなければいけない場合も多いです。

経験のある人が近くにいない

オープンしたばかりのお店では、みんな新人です。既存のお店と違ってベテランの方がいないので、トラブルやイレギュラーな事態が起きた際、近くに聞ける人がおらず迅速に対処できないことがあります。クレームにつながってしまうおそれもあるので、柔軟に対応できる能力が求められます。

まとめ

お店のオープン前後は目が回るような忙しさですし、一人ひとりが覚えなければいけないことも多いなどオープニングスタッフの負担はやや大きくなってしまう傾向にあります。しかし、その分条件が良かったり、スタッフ同士の関係が構築しやすいなどのメリットもあります。何より一からお店を作っていく過程に携わることができますので、やりがいのある仕事がしたい、幅広い業務に携わりたいという方にとっては魅力的だといえます。