沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 50代女性の仕事探し!おすすめの資格や仕事を紹介

50代女性の仕事探し!おすすめの資格や仕事を紹介

更新日:2019/11/25

50代になると、子育ても一段落して自分の時間が比較的多くなる頃ではないでしょうか。そうなると「仕事をしてみようかな?」と考える人も出てくるはずです。しかし、50代で仕事を探すのは当然ながら若いときよりもハードルが上がってしまいます。
そこでこの記事では、年齢というハンデをカバーするために取得しておくと良い資格や年齢にかかわらず働きやすい仕事などをご紹介します。

おすすめの資格

大学生が就職するときは、どんな資格でも取得しているだけで「努力ができる、向上心がある」ということを企業に印象付けることができるので、直接業務に関係のない資格であっても意味があります。
しかし、50代ともなるとただ資格を有しているだけではまったく役に立ちません。今までの業務経験にプラスすることでより有利に働くような資格を取得することが重要です。

では具体的にどのような資格を取得しておくと良いのでしょうか。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の資格の一つです。医療事務の資格は非常に種類が多く、どれを取得しておけば良いのかわからないという声もよく耳にします。そんな方におすすめなのがこの資格です。医療事務の中でも専門性の高いレセプト作成業務のためのスキルが身につくもので、難易度は高いものの、医療現場での評価が高い資格と言われています。

調理師免許

調理師免許は、調理師養成施設を卒業していなくても取得することが可能です。飲食店や給食センターなどで2年以上の調理経験を積み、調理師試験に合格することで取得することができます。ちなみに、アルバイトやパートでの調理経験でも問題ありません。

登録販売者

登録販売者とは、一部の一般薬品を販売するスタッフのことです。最近では薬局のみならず、コンビニやスーパー、ホームセンター、家電量販店などでも一般薬品を取り扱うようになったことから、求人数が多くなっています。
登録販売者になるには、年に1回都道府県ごとに行われる試験を受けて合格する必要があります。平成27年4月1日以降は学歴や年齢、実務経験が不問となったためどなたでも受験することができます。

マンション管理士・管理業務主任者

マンション管理士は管理組合に対して管理の方法アドバイスする人で、管理業務主任者はマンションの管理組合に対して管理会社どのような管理を行っているのかという管理状況の報告などを行います。
どちらも国家資格ですが、年齢や学歴などは問わず、だれでも受験することが可能です。

おすすめの仕事

医療事務

医療事務というのは資格がなくてもなることが可能です。むしろ、資格よりも経験が重視される傾向にあります。過去に働いたことがある人は復帰しやすいと思います。さらに、該当のクリニックや診療所で資格を持っている人が少ない場合は、経験に加えて先ほど紹介した資格を保有していると、有利に働くことがあります。
事務仕事なので体力的に不安がある方も安心して働くことができます。

医療事務の求人を見る

調理師・調理スタッフ

長年家族のために食事を作っていた方であれば、たとえ未経験だったとしても調理に関する仕事は比較的覚えやすいのではないでしょうか。さらに、調理スタッフはアルバイトやパートであることが多いですが、調理師免許を持っているのであればある程度の経験や知識を有していることが保証されるので、正社員として勤めることも可能です。

料理・洗い場・製造系の求人を見る

介護

50代の女性に介護の仕事はハードなのでは…?と思うかもしれませんが、介護は常に人材不足です。そのため、待遇が良かったり、少しの時間だけでも良いから働ける人を積極的に採用していたりと意外にも良い条件が整っていることが多いのです。
地方・都心関わらず介護施設はたくさんあるので、求人も常に出ています。

介護の求人を見る

マンションの管理人

マンション管理は若い人からの応募があまりないため、50代でも積極的に採用してくれます。
仕事の内容も体力が必要になるようなものはなく、受付対応や設備の点検、共有部分の清掃、管理組合の理事会の準備などです。
資格や経験がなくてもなることができますが、おすすめの資格で紹介したマンション管理士・管理業務主任者を取得していると活躍の場が広がったり、給料アップにつながります。

まとめ

50代で仕事を探そうと思うと、なかなか難しいのが正直なところです。若いときほどすんなり仕事が見つからないということは理解しておきましょう。

仕事を探すときに大切なことは、選択肢を自ら狭めないことです。雇用形態・給料・仕事内容などこだわりたいポイントはいくつかあると思いますが、一つの条件にこだわって仕事を探すと、選択肢を狭めてしまいます。そのため、うまく折り合いを付けながら探すことも大切です。

また、採用されるためのポイントとしては、経験値をアピールすることです。物を覚えるスピードやのびしろはやはり若い社員にはかないません。では50代の方が若い社員にも負けないこととはなんでしょうか?それは「経験の多さ」です。社会人として長年勤めてきたからこそ身についたスキルなどを企業側にアピールすることで、採用されやすくなります。
もしも今までの業務経験にプラスすることでより有利に働く資格があればぜひ積極的に取得しましょう。

記事一覧を見る