沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 栄養事務とは?仕事内容を詳しく紹介

栄養事務とは?仕事内容を詳しく紹介

更新日:2019/12/11

栄養事務について

栄養士の仕事は多岐にわたります。献立の作成や栄養指導、学校では子どもたちやその保護者に向けて食育指導を行ったりもします。
他にも、調理場で調理師に指示をしたり、栄養士自身も調理に携わります。スタッフが少ない施設ではこうした業務に加え、事務作業もこなさなければならず、なかなか手が回りません。
ここで頼りになるのが、今回紹介する「栄養事務」です。なかなか聞きなれない仕事ではありますが、栄養事務というのは栄養士を事務的な部分でサポートするスタッフのことです。細かな事務作業を請け負うことで栄養士の負担を軽減することが可能となります。

栄養事務ってどんな仕事?

栄養事務スタッフが行う具体的な仕事内容は以下の通りです。

カロリー計算

カロリーの計算は食品成分表を使用して作業します。食品成分表というのは、たんぱく質やビタミンなど食品ごとに含まれる栄養成分やカロリーを示した表です。食品成分表に記載されている数値は100g当たりの数値なので、レシピを見て、どの食材が何g使用されているのか確認し、表からカロリーを計算します。

献立作成

作成と言っても、実際にアレルギーや栄養のバランスに配慮して献立を考えるのは栄養士です。栄養事務スタッフは、栄養士が考えた献立を専用のソフトなどで入力していきます。

食材発注

施設によって異なりますが、献立は月単位もしくは週単位で作成されます。そこから必要となる食材の個数や量などを算出して業者に食材を発注する業務です。
通常の事務でも備品発注といった業務がありますが、食材発注の場合は誤って発注すると献立を変更しなければいけない事態になるので、備品発注よりも慎重に行う必要があります。

調理場の衛生管理

調理場の衛生管理がずさんである場合、食事を提供した多くの人に影響が出てしまうおそれがあります。中でも気を付けたいのが食中毒です。給食センターなどで提供された食事を食べて集団食中毒になったというニュースを見かけることがありますが、食中毒などを防ぐためにも、衛生管理は必要不可欠です。
調理する人はこまめに手を洗っているか、使用した調理器具やふきんはこまめに洗浄されているか、食材の保管場所に配慮するなどがしっかり行われているかなどを栄養士が作成した項目に沿って確認していきます。

食数管理

食数というのは、給食施設において提供される食事の数のことです。学校や幼稚園の給食はお昼のみですが、病院では朝・昼・夜と3食提供します。提供する食事の量が多くなればなるほど正確な食事の数を把握・管理することが重要になります。そうすることで余分に食事を作ることを防ぎ、コストや労力の無駄を省くことができます。

検収

検収というのは、発注に応じて納品されたものの品質や数量などがあっているか確かめた上で受け取る作業になります。一見単純そうな業務にも思えますが、口に入るものなので、食材の消費・賞味期限の確認、異物が混入していないか、異臭はしていないか、適切な温度管理のもと(冷凍・冷蔵など)納品されているかなどかなり細かくチェックします。

帳簿作成

食品納入伝票類、検食簿、物資検収簿、給食日誌、衛生管理チェックリストなど帳簿の作成を行います。

栄養事務に資格は必要?

栄養事務の場合はあくまで栄養士のサポートなので、栄養士資格を持っていなくても働けることが多いです。ただ、栄養士の資格を持っていることで就職する際に有利になったり、給料がアップつながります。

ちなみに、栄養士の資格を取得するためには、厚生労働大臣から栄養士養成施設として認可された学校(2年制~4年生)で、所定の課程を修めて卒業する必要があります。
栄養士養成施設では栄養指導論・給食管理・食品加工学・調理学実習・臨床栄養学などを学び、卒業後に都道府県知事から免許が付与されます。
特に試験を受ける必要がないので、民間の資格と間違われることもありますが、栄養士は国家資格の一つです。

まとめ

この記事を読んで栄養事務ってなんだか難しいそう…という印象を持った方もいるかもしれません。確かに衛生管理や食材発注、検収など栄養事務ならではの業務もありますが、伝票処理や電話対応など通常の事務と共通するような業務もあるため、事務での経験がある方やルーチンワークが得意という方は意外にもやりやすいと感じるかもしれません。 栄養事務であれば栄養士の資格が必須とされることはあまりなく、未経験でもOKというところも多いです。
だれでも挑戦しやすいことに加え、栄養事務として働いていると自然と栄養に関する知識が身につくといったメリットもあるため、普段から家族の食事を作っている主婦の方にはおすすめの仕事と言えます。

事務の求人を見る

記事一覧を見る