沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 建築関係の仕事にはどんなものがある?建築関係の職業を紹介

建築関係の仕事にはどんなものがある?建築関係の職業を紹介

更新日:2019/08/21

一般の住宅やビルなどを建築するとなると、設計やプランニングをする人、デザインを考える人、現場で実際に工事をする人というようにたくさんの人の協力が必要になります。そのため、建築関係の仕事は実に幅広いです。建築関係の仕事がしたいと考えている人は、特にどの工程に携わりたいかを明確にしておきましょう。

建築関係の仕事にはどんなものがある?

建築の企画や設計、デザインに関係する職業

建築士

建築士は、建築物の設計、工事の監督・管理を行います。測量や地盤調査と言った現地調査の結果と建築主の希望やイメージから、どうしたらそれが実現できるかを考え、設計を立てていきます。もちろん依頼主の希望を叶えつつ、安全性もしっかり確保しなければいけないので、建築基準法にのっとり、十分な耐久性が確保できるように建物の形や使う素材のアドバイスをしてきます。
建築士になるためには、一級建築士、二級建築士、木造建築士のいずれかの資格を取得する必要があります。どれも国家資格で合格率は低めですが、建築士の試験の中では木造建築士が比較的難易度が低くなっています。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、依頼主の希望を形にすべく、照明や壁紙、キッチンの設備などインテリアに関するアドバイスを行う仕事です。建築士が建物の大枠を設計し、インテリアコーディネーターはさらに細部の住居空間のコーディネートを担当するような形です。ちなみに、インテリアコーディネーターの資格はありますが、取得していなくてもなることは可能です。

図面、模型の作成、積算

CADオペレーター

なかなか聞きなれない職業ですが、CADオペレーターとは、コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成する仕事になります。ソフトを使って描くことで、建築士が作成したラフ案や設計図をより詳細に、見やすくしていきます。コンピュータ上で作成すると、ちょっとした修正もしやすく、管理や共有も楽です。

建築模型制作士

設計図をもとに縮小したスケールの模型作る仕事になります。図面だけでは気づきにくいところも、実際模型として形にすることで、事前に問題点などを見つけやすくなります。模型を作るとなると、手先の器用さや緻密さが求められます。普段からプラモデルなどを作ることが好きな方には魅力的な仕事だと思いますが、求人数はあまり多くない傾向にあります。

建築積算技術者

積算は簡単に言うと見積りのことです。建築積算技術者は、設計図や仕様書をもとにその建物を建てるために一体どれくらいの費用がかかるのかを算出する仕事です。建築材料の必要数と値段などから工事費の見積書や内訳明細書を作成するので、基本的にデスクワークになります。

工事、内装

建築施工管理技士

建築工事の現場に出向き、工事の進行を指示し、監督を行います。資材や人員はどの程度確保しなければいけないのか、あらかじめ決められている建築費用内に収めるためにはどうしたらよいか、いつまでに完成させなければいけないのかを把握し、コントロールします。
建築施工管理技士になるためには、資格が必要となります。資格は1級と2級があり、1級建築施工管理技士の方が、管理できる現場の規模が大きくなります。

大工

いくら精巧な設計図を作成しても、実際に建ててくれる人たちがいなければ建物は完成しません。そのため、大工は建物を建てるうえでなくてはならない職業の一つです。大工になるにあたって資格や学歴は問われないことがほとんどです。早くから親方のもとに弟子入りして大工の道を目指す方もいますし、専門学校や大学で建築関連の課程を修了したのち、工務店などに就職してから大工になる方もいます。

左官

左官とは、壁や床などを塗る職人のことです。最近では、ビニールクロスの壁材を使用せず、珪藻土や漆喰など自然素材を取り入れる住宅などが増えているため、再び需要が増えています。左官として働くために、特別な資格は必要ありませんが、一定の技能レベルを示す意味でも、多くの左官職人は1級左官技能士もしくは2級左官技能士を取得しています。高い技術が必要となりますので、一人前の左官職人になるためにはとにかく経験を積むことが大切と言えます。

まとめ

いかがでしたか?設計の段階にかかわりたいのか、現場にかかわりたいのか、内装のデザインにかかわりたいのか、それによって目指す仕事は大きく変わります。中には似ている仕事内容の職業もありますが、取得すべき資格や活躍できる場所など細かな部分で違いがあります。そのため、目指している職業と類似する職業についてしっかり調べておくようにしましょう。

建築・土木・電気・リフォーム・工事系の求人を見る

記事一覧を見る