沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 短期バイトのメリットやデメリットは?特徴や注意点を解説します

短期バイトのメリットやデメリットは?特徴や注意点を解説します

更新日:2019/05/29

短期バイトとは

短期バイトというのは、3か月未満と雇用期間が短いアルバイトのことです。
一般に同じ勤務先で数週間~数か月働くことを指します。

短期バイトの特徴

そんな短期バイトで働く際の嬉しいメリットと注意したいデメリットについてご紹介します。

メリット

採用されやすい

長期バイトの場合は継続して働いてもらうことも目的としていますので、面接で人となりや適性などをしっかり見極めた上で採用か不採用か決めます。そのため、不合格となるケースももちろんあります。一方、短期は雇用期間が短いので、最低限指示した仕事ができれば良いので、採用されやすいです。

複雑な仕事は任されない

期間限定で働いてもらうことから、覚えるまでに時間がかかってしまうような複雑な仕事はあまり任されない傾向にあります。多い仕事内容としては、繁忙期の工場やアパレル倉庫の応援、データ入力、夏であれば海の家での接客などがあります。

自分の都合に合わせて働ける

例えば、長期休みの1か月間だけアルバイトがしたい!と思ったときに、短期のバイトはまさにぴったりです。普段は講義やサークルで忙しく、長期バイトだと思うようにシフトに入れないという大学生の中には、春休みや夏休みに集中して稼ぐという方も多いようです。

いろいろな仕事が体験できる

長期バイトで雇ってもらったにもかかわらず、短期間で仕事を変えるのはあまり印象がよくありませんが、短期バイトならあらかじめ期間が決まっているので、気兼ねなくいろいろな仕事を体験することができます。

デメリット

希望の仕事が見つからないこともある

単発バイトよりもやや期間が長く、集中してしっかりお金を稼ぐことができるので、短期バイトは高校生や大学生に非常に人気です。そのため、好条件の短期バイトはすぐに募集を締め切ってしまうことも。いざ短期バイトを始めたいと思っても希望の仕事がないこともあるので、長期休みなど働ける時期が限られている場合には早め早めに求人をチェックしておきましょう。

長期に移行できないことが多い

短期バイトは繁忙期に合わせて募集している企業も多く、基本的に雇用期間の延長は行われないことが多いです。閑散期は社員だけで十分なのに、アルバイトも雇ってしまうとむしろマイナスになってしまうからです。そのため、気に入った仕事があっても新たな仕事を探さなければいけません。

短期バイトの選び方とは?

初めてバイトをするとなると、どんなものを選べば良いのか頭を悩ませてしまいますよね。ここでは短期バイトを選ぶ際のポイントを紹介します。

時給の高さで選ぶ

短い雇用期間でもしっかり稼ぐためには、やはり時給の高さがポイントになります。高時給な短期バイトとしてよく言われるのが引っ越しのバイトです。移動中も時給が発生する場合が多いので、男性には人気の短期バイトです。

身につくスキルや経験で選ぶ

メリットの部分で短期バイトは複雑な仕事は任されないと紹介しましたが、中には将来役立つスキルが身につく短期バイトもあります。例えば、コールセンターのバイトは敬語の使い方などを学ぶことができますし、接客業であればコミュニケーションスキルや臨機応変に行動する力をつけることもできます。

珍しさで選ぶ

いろいろ求人を見ていると、珍しいものや貴重な体験ができる短期バイトというのもあります。例えば、選挙バイトでは投票所の運営や受付、開票などをお手伝いします。選挙の現場を体感することができる珍しい仕事です。

まとめ

短期の場合は数週間~数か月とやや長いので、単発バイトのようにこまめに仕事を探してその都度応募する手間はありません。さらに長期バイトは3か月以上継続して働くことを前提にしているので、場所によっては採用率が低かったり、合わなかった場合に辞めにくいという点がありますが、短期バイトの場合はそれもありません。長期のバイトは難しいけど、単発バイトよりもしっかり働きたいと考えているのであれば、短期バイトを検討してみてはいかがでしょうか。

短期の求人をみる