沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 新聞配達は学生向け?仕事のコツやメリットを紹介します

新聞配達は学生向け?仕事のコツやメリットを紹介します

更新日:2020/03/16

学生向けのバイトは様々ありますが、その中の一つが新聞配達です。バイク免許が必須だったり、早寝早起きが必要などの制限もある一方、メリットも少なくありません。現在は新聞奨学生もあるため、奨学金を検討中の学生にとっては魅力が多いバイトとなるでしょう。
ただし、バイク免許が必要になるなど、人を選ぶ仕事でもあります。効率も求められますので、以下で説明する内容を踏まえ適性を判断してみましょう。

給料はどのくらい?

一般的なバイトは時給制ですが、新聞配達のバイトは給料体系が少し独特です。販売店によって異なりますが、主に以下の3パターンがあります。

最もポピュラーな給料体系は時給制です。一般的なバイトと同じく、勤務時間によって収入が変わります。時給の相場は1,000円~1,200円ほどですが、地域によって異なるため注意しましょう。

ただ、日給・月給制を導入している販売店も少なくありません。日給制は1勤務あたり○千円と定められており、勤務日数により収入が変動します。1勤務4~5千円ほどが相場です一方の月給制は月々の給料が固定されており、月給は販売店によって異なります。なお、大半の販売店で1日の勤務時間や勤務日が決められています。

また、沖縄の場合は委託契約での完全歩合制の求人が比較的多く、月額3万円~8万円などエリアや配達部数で変動があります。集金業務がある場合は配達のみより割増の傾向があります。

ただし上述の通り販売店ごとに違うため、確認してから応募しましょう。

新聞配達の仕事内容

新聞配達のバイトは主に以下のような仕事を行います。

最も分かりやすいのは新聞の配達でしょう。販売店が所有するバイクや自転車に乗り、指定地域へ新聞を配達に回ります。販売店に届いた新聞をトラックから降ろすのもバイトの役割です。

また、販売店によっては新聞の中へチラシを折り込む作業があります。現在は機械で折り込むのが一般的ですが、部数が少ない場合や規模の小さい販売店では手作業で行います。

雨が降っている時にそのまま新聞を配達すると、濡れてしまう可能性があります。そのため、雨天時にビニールへ新聞を封入する作業もバイトの役割です。中には天候に関わらずビニールへ封入し、配達を行っている販売店もあります。

新聞配達のメリットやデメリット

新聞配達のバイトは様々なメリットがありますが、特筆すべき点は下記の4つです。

メリット

新聞配達のバイトは経験を問いません。今までバイトをしたことがない方でも始められます。また、数時間勤務のため勉学への影響も少なく済みますし、他のバイトとの掛け持ちも可能です。

新聞奨学生を利用できる場合もあります。これは奨学金を受け取りながら新聞配達のバイトをする制度で、卒業後の返済が不要になるなど様々利点を持ちます。ただし定員がありますので、利用したい方は早めに申し込みましょう。

一方、新聞配達ならであのデメリットもあります。

デメリット

販売店によりますが、働く際にはバイクの免許が必要になります。朝は非常に早いため、早寝早起きが欠かせないこともデメリットです。また時間内に配達を終えるため効率が求められるほか、休みを取るのが難しい販売店もあります。いずれにせよ、生半可な気持ちでは長続きしないため、真面目にコツコツ続けられる方向きのバイトです。

仕事のコツ

新聞配達は仕事に慣れるまでが大変ですが、コツを掴めば効率を上げることができます。以下の点を心がけてみましょう。

特に重要なのが順路です。販売店は順路帳がありますが、それを暗記しておきましょう。しかし順路によっては細い路地があります。覚えるのが大変ですので、昼間にルートを通って確認すると良いでしょう。

新聞配達は早朝から働くため、最初の頃は睡魔が勝ってしまう可能性があります。ただ、眠気が仕事に悪影響を及ぼすため、バイトを始める前から早寝早起きを習慣化しておきましょう。急に早起きするのは難しいため、体に覚えさせることが仕事の効率を高めるコツです。

まとめ

新聞配達は早朝から働くため、学生には最適なバイトの一つです。いくつか欠点もありますが、給料の水準が高く、掛け持ちしやすい点が魅力となっています。人によって適性は分かれるものの、メリットは多くあります。新聞配達のバイトに興味をお持ちの方は、一度求人を探してみてはいかがでしょうか?

新聞配達の求人を見る

記事一覧を見る