社員・パート分け隔てなく
皆に還元!

第一食糧 株式会社

第一食糧 株式会社 画像

営業・生産管理部 統括本部長
又吉 和也 さん

働きやすさピックアップ

社員・パート、皆に還元

社員・パート、皆に還元

収益を社員に還元するという会社の考えから、決算賞与は社員だけでなく、パートも手当として支給があります。
賞与は勤怠状況、実績、協調性の3項目で査定をし、昇給は代表の考えで、上げるときは全員上げています。
また、繁忙期のお中元の後に行う慰労会などの費用にもまわして皆に還元しています。
ビンゴの景品でテレビなどもありますよ。
業績にもよりますが、関西や北陸に社員旅行を計画し、2023年は6月に2泊3日で2班に分かれて行ってきました。

働き方の見直し

60代を中心に20~70代のスタッフが活躍中で、工場のパートさんで70代の方もいるので、残業は体力を使うこともあり、シフト制にして残業を減らす予定です。
これまでは業務遂行を優先して動いていましたが、働き方改革で社員も働きやすいようにしようと考えています。
給与もそうですが、休みを重視する傾向があるので、今後は週休2日制も目指していきます。
また、以前は事務員は契約社員でしたが、働く方は皆平等という考えから正社員化してきました。
私は25年在籍していますが、事務員で2022年初めて育休取得もありました。

研修

HACCP(ハサップ)認証企業として、研修の延長線上で会議やミーティングで知識の共有などを行っています。
また、品質管理の資格取得支援もあります。
工場は本土で研修していた時もありましたが、コロナ渦から定期的に行くことが難しくなり、今は通信で行っています。

Q1. 特徴的な働きがいのある職場づくりは?
全社員で週1回ラジオ体操、朝礼を行っており、皆で集まる機会があることで、結束力を高めています。
また、毎週月・水・金曜日は全社員で外周の清掃を行っています。会社前にバス停もあるので、地域の景観のためにもキレイを心がけています。
仕事以外でも忘年会、新年会、慰労会があり、コミュニケーションは取れていると思います。
特に工場スタッフは体力の要る仕事なので、ゆっくり休憩できるように、畳み間の広い休憩室やシャワー設備もあります。
Q2.「男女共に働きやすい・働きがいのある職場づくり」とは?
私自身、営業をしていた頃、色々な思いをしてきて大変な部分もわかるので、統括の立場になり、自分の経験を踏まえた上で、今いる社員と話をすることができています。
営業、事務、工場と業務は違いますが、皆が働きやすい職場になっていければと思います。

育児休暇利用された社員の声

第一食糧 株式会社 画像

生産管理部 事務員 伊禮 典子 さん

Q1.男女共に働きやすいと感じるところは?
2022年9月から産休・育休を経て5月に復帰しました。育休中は総務と連絡を取り合っていましたし、顔も出していたので会社の様子がわかっていました。
復帰はフルタイムで残業はできないため、とても不安でしたが、相談して1時間出勤時間を遅らせて9時~18時に調整していただきました。
朝はわたしが子供を保育園に送り、帰りは主人にお迎えをお願いして家庭と仕事の両立ができています。
会社としても働き方の見直しを検討している最中で、計画に乗って調整してもらえたので助かっています。

また、30代~60代の同職スタッフが4名いるので、急な子供の発熱などで早退する時は、自分が担当している業務を他のスタッフの方でフォローしていただき、周りの理解もあるので助かっています。
繁忙期でも「大丈夫だよ」と気を使っていただいて、お休みをいただくこともありました。
第一食糧 株式会社 画像
Q2.働きがいを感じる時は?
量販店からの電子発注システムで受注したデータを販売管理システムに取り込み納品書発行、請求書、伝票入力などの書類作成、ほか電話対応もしております。
販売管理業務が初めてでしたので、最初の1年は覚えることが大変でしたが、自分が担当しているお店の発注量がたくさんあがっていると嬉しいです。
Q3.モチベーションを維持する方法や息抜きは?
お昼休憩は人それぞれで、一旦帰宅する方、車で過ごす方、休憩室で取る方、自由です。
わたしは15分位で家が近いので、家に帰っています。パッと食べて、家のことも少しできるので、貴重な一人時間を使って息抜きもできています。

comment入社8年 工場スタッフ

沖縄ヤクルト株式会社 画像

比嘉 アキコ さん

みんなと一緒にできる楽しさがある

Q1.男女共に働きやすいと感じるところは?
工場で精米された商品を並べたり、印字をうったりしています。
5㎏、10㎏と重量があるので、最初は並べるのが大変でしたが、先輩が教えてくれて慣れてきて、今では15段並べられるようになりました。

工場は約10名で60代を中心に、40代~70代までいます。
みんな話しやすいので、働きやすいです。
業務中はテキパキと、休憩中はおしゃべりしたり食べたりして切り替えしています。
休みの調整も「交代する人いない?」「いいですよ~」とお互いさまの雰囲気があり助かります。
沖縄ヤクルト株式会社 画像
Q2.働きがいを感じる時は?
みんなと一緒にできるから、大変ですが楽しいです。
雰囲気はいいときもあればそうでないときもあるし、わたし含め3姉妹で勤めていることもあり何でも言い合える関係ですね。
仕事があると、家族以外のいろいろな人に会える楽しさもありますね。
また、パートも決算手当やお米の割引もあるので嬉しいですね。

特徴的な取り組み・制度

社員旅行

第一食糧 株式会社 画像

岐阜県の飛騨高山に行きました

関西や北陸に社員旅行を計画し、2023年は6月に2泊3日で2班に分かれて行ってきました。

畳み間の広い休憩室

第一食糧 株式会社 画像

ゆったりとしたスペース

10時・15時とお昼休憩は、畳み間の広い休憩室でくつろげます。

エコ商品開発

第一食糧 株式会社 画像

屋上にある太陽光パネル

沖縄は離島県のため船でお米を運送しており、CO2削減など環境への配慮も考え、県内初、エコのライスフィルム米袋を使用した新商品を開発しました。
遠隔地ではなく、一番近い九州からお米を取り寄せて、工場の屋根に設置しているソーラー太陽光を使って精米しています。
また、精米時に出るとぎ汁もきびまる豚の給餌になっています。
沖縄らしさを踏まえて、代表、営業、社員皆でネーミングを考え「あらわんでいーさぁ」が誕生しました。
代表のエコからつながる発想で太陽光からはじまり、よりよい商品を考えていくことにつながっています。

創立60年以上

第一食糧 株式会社 画像

本社外観

昭和33年に琉球政府より食糧米の輸入免許を取得し、63年以上に亘り沖縄の食卓へ主食のお米をお届けしています。安全性と品質にとことんこだわり、これからも美味しいお米をお届けできますよう精進して参ります。

企業情報
事業内容/米穀・雑穀類加工販売
     その他穀類及び飼料の加工販売
本社/那覇市港町3-6-18
お問い合わせ:098-862-2001
【取材スタッフからのメッセージ】
取材を受けてくれたスタッフさんも接しやすく、気さくに何でも話せる雰囲気の企業だなと思いました。今後は働き方の見直しを検討されているので益々働きやすく、さらに長く続けられる職場になっていくと思いました。
企業ホームページを見る

第一食糧 株式会社のその他の記事

社員・パート分け隔てなく
皆に還元!

第一食糧 株式会社

働きやすさピックアップ

詳しく見る

その他の記事

世代も部署も超えた
コミュニケーションがある環境

沖縄ヤクルト株式会社

働きやすさピックアップ

詳しく見る

経験・年齢・性別に関係なく、
自分で調整し、稼げるチャンスと
日々、楽しめる仕事。

沖東交通グループ(沖東交通事業協同組合)

働きやすさピックアップ

詳しく見る

仕事に来ると会話がある、
人と人が出会える場所

株式会社 沖縄ダイケン

働きやすさピックアップ

詳しく見る

利用者様と、スタッフ同士も
つながりを大切に!

株式会社 ふれあい介護センター

働きやすさピックアップ

詳しく見る

一歩前に踏み出すための
説明会や研修があります!

株式会社 琉球新報開発

詳しく見る