沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net & JW求職者トライバンク

応募の基礎力UP!【入門講座】

応募書類について

応募書類は単に学歴・職歴を記入するものではありません。初対面の相手にあなたのことをアピールする大切な書類です。丁寧さ、正確さ、仕事への姿勢が問われていると心得ましょう。

郵送の場合は、添え状をつけると好印象です。添え状の内容は、簡単なあいさつと応募の意志を伝える程度のものでかまいません。

履歴書の書き方

履歴書は手書きが基本です。しかし、パソコンやインターネットの普及に伴い、以前より手書きであることにこだわらない企業も増えつつあります。メールでの応募の場合や、職種(コンピュータ関連の仕事など)、応募先の社風を踏まえて判断しましょう。
手書きの場合は、筆記用具は黒の万年筆かペンを使用。間違えたら面倒でも最初から書き直してください。修正液や、間違った字の上から無理矢理書き直すのもいけません。あらかじめ鉛筆で記入した見本を用意して、それを見ながら書くと間違えにくいでしょう。

文字は丁寧に 画像 文字は丁寧に 字の上手下手よりも誠意が肝心。字の得意ではない方でも丁寧に書けば必ず伝わります。
空白は極力さける 画像 空白は極力さける 出来るだけ多くの情報の記入を心掛けましょう。その為には、自分が使い易い履歴書を選ぶことも重要です。たとえば、とくに応募する企業に対して希望することがない場合、「本人希望欄」より「志望動機」や「特技」など、アピールしたい項目に大きくスペースを割いた履歴書の方が使い易いですよね。年号は履歴書全体で西暦もしくは元号に統一。どちらかといえば元号を用いるのが一般的です。
必ず読み直そう 画像 必ず読み直そう 誤字・脱字のチェックをしましょう。読み直すと案外書き損じているものです。その他汚れやインクの擦れ、指紋がついていないか写真のはがれ等にも注意して下さい。また、募集企業に提出する前に一部コピーをとっておきましょう。(コピーの提出をしてはいけません)面接で内容を聞かれた際、スムーズに受け答え出来るよう良く把握しておいて下さい。
履歴書見本 画像1
1日付
持参(投函)する日に合わせて記入。
2ふりがな
「ふりがな」とあればひらがなで「フリガナ」とあればカタカナで。
3印鑑
三文判でもOK。まっすぐ丁寧に押す。
4写真
写真は第一印象に大きな影響を与えます。貼っていないものは履歴書の段階で既にバツ印。スナップ写真もNG。できればスピード写真ではなく写真館で3ヶ月以内に撮影したものを貼りましょう。写真の際の服装はスーツがベスト。顔の表情も明るく良い印象になるように心掛けて下さい。
5住所
都道府県名、番地、アパートの部屋番号まで略さずに書きましょう。郵便番号も忘れずに。
6電話
固定電話で連絡がつきにくい場合は、携帯番号を追加し「連絡は携帯電話にお願いします」などと書くと丁寧です。
7学歴
義務教育は卒業年次だけでも問題ありません。高校からは入学年次も記入。「同校卒業」「〃」とせず、正しく書きましょう。専門学校、短大、大学などは学部・学科等も書き履修内容を明確に。卒業年月早見表を見る >>
8職歴
(株)などと略さず書く。配属部署まで記入すればより具体的な職務内容のアピールになります。退職理由は「一身上の都合により退社」が一般的ですが、会社倒産など簡潔に表現できるなら書き添えておくと良いでしょう。職歴がない場合でも空白にせず「職歴」と項目を作り「なし」と記入。
9賞罰
「学歴」「職歴」を記入し終えた後、1行あけて、1行目に「賞罰」と書き、その有無を記入していきます。社会的に権威のある賞を受賞した場合や、国際大会での入賞、国内大会での優勝経験などがある場合、刑法犯など過去に犯罪歴のある場合に記入することになります。業務上過失傷害などに問われた経験があれば、記入の必要があります。犯歴を隠した場合は、経歴詐称に問われることもあるので注意が必要です。賞罰に該当がない場合は「賞罰」と記入した次の行に「なし」と記入します。学歴、職歴、賞罰のすべての記述が終わったら、最後に「以上」と書くことを忘れずに。
履歴書見本 画像2
10免許・資格
運転免許、簿記、PCなど職務に関係のある資格はもちろん、直接関わりのないものも記入。この項目をきっかけに普段から自己啓発を怠らない姿勢やキャリアなどをPRすることができます。また、面談時の話題づくりにも。
11特技・趣味
裏付ける説明、役職、入賞歴などを取り混ぜて書くと印象付けやすくなります。自分に関する情報をできる限り多く提供して全体像をイメージしてもらうことが大切です。
12自覚している性格
自分の長所を書きましょう。履歴書を見た人が、書いた人の人柄をイメージできるような内容だとなお良いでしょう。
13志望動機
ありきたりのフレーズではなく、自分の言葉で書くよう心掛けて下さい。これまでの体験談・エピソードを交えて自分の経験をアピールしたり、これからやりたいこと、将来の展望を結び付けると説得力がでます。未経験の職種に応募する場合でも、自分の経験に共通項を見出して適性をアピールしたり、魅力に感じた部分などを具体的に書きましょう。
14本人希望欄
どの部署でどんな仕事がしたいのか記入した方が意欲をくんでもらえます。あまり自分の都合ばかり書くのも悪い印象を与えてしまいますので、最低限譲れない条件を書きましょう。その際「18:00迄しか勤務出来ませんが、その分効率的に仕事を進められるよう努力します」等前向きなコメントを追加すると好印象を持ってもらえます。在職中の人はいつから勤務可能かも記入しておきましょう。

「志望動機」記入例

志望動機は履歴書の中で最も大切なところの1つです。なぜ数ある中からその会社を選んだのか、入社後どうしたいのか、仕事に対する熱意をしっかり伝えることが必要です。

前職と同じ職種に応募する場合
前職と同じ職種に応募する場合の記入例 画像
前職と違う職種に応募する場合
前職と違う職種に応募する場合の記入例 画像
ライフスタイルに合う雇用条件に魅かれて応募する例
ライフスタイルに合う雇用条件に魅かれて応募する例の記入例 画像
未経験・新卒等で応募する場合
未経験・新卒等で応募する場合の記入例 画像

履歴書ダウンロード >>

職務経歴書の書き方

職務経歴書を作成することで、履歴書だけでは伝えきれないあなたの実績や経験・将来の目標をよりアピールできます。

形式
A4版横書きが基本です。枚数は1枚か、多くとも2枚程度にまとめましょう。
書式
①経歴を時系列で記す「年代別式」
②業務内容ごとにまとめる「キャリア別式」
決まった書き方はありませんが、この2つがよく使われています。書体や余白を工夫して見やすさに注意しましょう。パソコンで作成するとそのスキルもアピールできます。
内容
まず、自分がどんなところで働いてきたか。続けてこれまで受けた研修内容・配属・職務内容・実績など。仕事を通して工夫したことや学んだこと、考えたことなどを加えると、仕事への取り組み方をよりアピールできます。最後に、自分に何ができるかを記入。なるべく具体的に書きましょう。そして自分の能力をどんなふうに新しい仕事に活かせるかまで説明できれば説得力のある職務経歴書になります。書き直しながら工夫してみましょう。

年代別式の場合

年代別式記入例 画像
1.具体的な数字でアピール
実績は売上げなどの具体的な数字を出すようにしましょう。業界や会社によって規模が異なるので、前年比で何%アップしたか書くとどのくらいの功績なのか分かりやすく好印象です。
2.アンダーラインで強調
昇格・昇進など特別にアピールしたい箇所は下線を引いたり、書体を変えるなどして強調します
3.自分なりの工夫や考えたことなどを記入
仕事をする中で工夫したことや、考えたことなどを合わせて記入すると内容が深まります。職務経歴書を読んだ人が、書いた人はどんな人物なのかイメージできるような内容を心がけましょう。

キャリア別式の場合

キャリア別式記入例 画像
1.職歴と業務内容を分ける
経歴と携わった業務内容を分けてまとめる。業務内容は表にすると見やすくなります。
2.業務は項目別にまとめる
業務を担当した期間、内容、規模などを項目別に整理。使いこなせるパソコンソフトなどあれば必ず記入しましょう。
3.専門用語は分かりやすい表現で
前職と応募先の業界が異なる場合、前職の業界での専門用語は分かりやすい言葉に言い換えましょう。言い換えができない言葉は解説を添えましょう。

職務経歴書ダウンロード >>

<< このページのトップへ ↑>>

求職者用ログイン

ジェイウォーム.net

携帯版求人検索サイト
「ジェイウォーム.net」へのアクセスはコチラ↓ http://www.jwarm.net/m/
しゅふぴた ジェイウォームJOBステーションおきなわブログ