沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 通訳の仕事内容にはどんなことがあるの?資格は必要?紹介します

通訳の仕事内容にはどんなことがあるの?資格は必要?紹介します

更新日:2019/12/25

外国語を使う仕事の通訳。聞き取って即座に日本語に直す姿はとてもかっこいいですよね。そんな通訳の仕事には、どんなものがあるのでしょうか?また、資格は必要なのでしょうか?
この記事では、意外と知ってるようで知らない通訳の仕事内容や資格についてご紹介します。

通訳の仕事内容

一言で通訳と言っても、いくつかの種類に分かれます。その代表的な仕事を紹介します。

会議通訳

国際会議での通訳が多く、「同時通訳者」とも呼ばれます。
国際会議は、専門的な内容を扱ったり、重要な決定をしたりする場です。そのため、会議通訳は全通訳の中で最上位に位置します。会議通訳には、確かな実力と豊富な経験が必要です。

ビジネス通訳

民間企業で、商談や会議、表敬訪問のときなどに通訳する仕事です。海外と取引のある企業の方は一番馴染みがあるのではないでしょうか。
企業に通訳者として勤める場合と、フリーランスの場合があります。

エスコート通訳(随行通訳)

来日した海外の芸能人やスポーツ選手に同行し、通訳します。
同行先は、記者会見やテレビ出演でのインタビュー、その他イベントなどです。エスコート通訳の仕事は紹介が多い傾向となっています。求められる語学力は日常会話程度が多いようです。

コミュニティ通訳

日本で暮らしている外国人向けの通訳です。
教育、医療・福祉、司法の場などにおいてサポートを行います。今まではボランティアが中心でしたが、規定や資格・報酬の安定が必要と言われるようになっています。
英語以外の外国語の需要が高い傾向があります。

放送通訳

海外メディアのニュースを視聴者に伝える仕事です。
外国語から日本語への通訳、日本語から外国語への通訳の両方があります。日本では、英語と日本語の間での通訳が多いです。全年代に対し必要な情報を欠かすことなく正確に、それでいてわかりやすく伝える能力が求められます。

定時ニュースにおける通訳は、時差同時通訳です。通訳者は映像を見てから訳すのでこう呼ばれていますが、基本的には1度聞いて理解できる能力が必要とされます。また、生放送の場合は同時通訳がスムーズにできる必要があります。

翻訳

通訳と同じく外国語を相手にする仕事で翻訳がありますが、通訳は話し言葉、翻訳は文章という点で違いがあります。
翻訳の種類は、会社の資料や契約書を翻訳する「産業翻訳」、本を翻訳する「出版翻訳」、ドラマや映画を翻訳する「映像翻訳」などがあります。原文の理解力や、さまざまな依頼への対応力、そしてコミュニケーション能力も求められます。

通訳の形式について

通訳の種類では、主に活躍する仕事などによって分かれますが、今度は通訳の形式について紹介いたします。

逐次通訳

通訳の基本となる方法です。話す人の言葉を適度な長さで区切り、訳していきます。
通訳者はメモを取り、話す人と入れ替わるように話します。時間はかかりますが、その分、訳が正確になるのが逐次通訳のよいところです。

同時通訳

話を聞きほぼ同時に訳していきます。外国語だけではなく母国語においても文章力が必要です。また、話す内容をある程度予測する能力も求められるので、とても頭を使う形式となります。

ウィスパリング

同時通訳と同じように、話すのとほぼ同時に通訳します。
違うのは、話す人のすぐ側に居て、その人に聞こえる程度の声量で通訳するところです。

資格は必要?

通訳になるのに資格は必要ありませんが、語学力の基準になる資格はあります。代表的な資格をご紹介します。

TOEIC

大学生から社会人迄、受験者が多くメジャーなイメージがある資格ですね。通訳を目指す場合は900点以上が目安とも言われています。

英検

中学生のときに初めて受験したという方も多いのではないでしょうか?準1級以上、できれば1級を目指しましょう。

ビジネス通訳検定(TOBIS)

通訳を目指す方だけではなく、すでに通訳として働いている方等、文字通りビジネスでの活用におすすめです。「逐次通訳試験」と「同時通訳試験」があります。

通訳案内士

通訳案内士は、国家資格です。通訳の仕事内容の1つに含まれることもあります。日本に来た海外の観光客相手にガイドを行う仕事です。
試験では日本史、日本の地理、産業、経済、政治や文化といった言語以外の知識も広く問われます。

まとめ

一言で通訳と言っても、仕事内容や形式はさまざまです。外国語を理解するだけではなく日本語の文章を組み立てる力、さらには幅広い知識が必要とされることもあります。経験を積むとともに勉強を続けなければならないので、大変な印象を持つかもしれません。しかし、とてもやりがいがありますし、楽しい仕事の一つと言えます。そして何より、自分の世界を広げることができるので、海外に興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

記事一覧を見る