沖縄の求人情報サイト ジェイウォーム.net

沖縄求人TOP > おシゴト豆知識 > 派遣社員とは?仕事の種類や特徴を紹介

派遣社員とは?仕事の種類や特徴を紹介

更新日:2019/06/26

派遣社員の特徴

派遣社員は、人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣先となる企業で働きます。雇用関係を結んでいるのは人材派遣会社なので、給与・福利厚生・勤怠管理は人材派遣会社のほうで行います。

よく派遣社員と混同されてしまう契約社員は、就業先の企業と直接雇用関係を結んでいるので、給与などの管理は就業先の企業が行います。

働き方の種類

派遣社員として働く際、以下の3つのタイプから自分に合ったものを選択することができます。

一般派遣

もっともポピュラーな働き方がこの一般派遣です。まずは派遣会社に登録し、希望の条件にあった求人を紹介してもらいます。派遣先が決まったら派遣契約が結ばれている期間のみ働くことができます。派遣の契約期間は3か月単位で更新していく場合が多いです。ただ、2015年に改正された労働者派遣法により、3年以上同じ職場で派遣社員として就業することはできないので、就業先を変えるか、直接雇用をしてもらうか選ぶ必要があります。

紹介予定派遣

紹介予定派遣と言うのは、最長6か月の派遣期間が終了したあと、本人と派遣先企業が互いに合意すれば契約社員もしくは正社員になれるというものです。

特定派遣

最初に紹介した一般派遣は、就業先が決まらなければ雇用契約は生まれず、当然給与が発生することもありません。対して特定派遣の場合は、常に給料が発生します。というのも、特定派遣の場合は派遣会社の社員と言う位置づけになります。

派遣社員として働くメリット・デメリット

メリット

就業した際にミスマッチが少ない

特に紹介予定派遣で言えることですが、派遣前に企業と事前に面談することが可能となっています。また、最長で6か月という派遣期間を通して現場の雰囲気や仕事内容を理解した上で社員になるかどうかを選ぶことができるので、思っていた仕事と違う…というミスマッチを防ぐことができます。

仕事上の悩みや不安を相談できる

社員の場合、仕事における悩みや不満、要望などを面と向かって上司に相談するのはためらわれますよね。しかし、派遣社員の場合は派遣会社が就業先との間に入ってサポートをしてくれるので、仕事上の悩みも相談しやすいです。直接言いにくい要望があれば、派遣会社のほうから就業先に伝えてくれます。

一定期間で仕事ができる

正社員として一度企業に就職すると、たとえ仕事や現場の雰囲気が合わなかったとしても、すぐには辞めにくいものです。しかし、派遣の場合は3か月や6か月など契約が満了すれば自由に仕事を変えることも可能です。

自由度が高い

東京都産業労働局が発表している平成26年度派遣労働に関する実態調査によると、派遣社員は6割以上が女性となっており、特に30代40代の割合が高くなっています。子どもがいる女性は正社員のように8時間フルで勤務して、かつ残業までという働き方は難しくなります。そのため、エリア・勤務時間・残業の有無が自由に選べるというのは非常に魅力的と言えます。

デメリット

働ける期間に上限がある

自分に合う就業先が見つかり、長期的に働きたいと思っても最長3年間という上限があります。気に入った職場なら契約終了後に直接雇用を選べばよいのでは?とも思いますが、社員として直接雇用された場合、派遣社員のときとまったく同じ条件(勤務時間や給料など)で働けない場合も多いです。

待遇は正社員に劣ることがほとんど

派遣社員の仕事は高時給なものも多く、一見魅力的なのですが、正社員と違って交通費が自己負担である場合がほとんどなので、通うエリアに注意が必要です。さらに、仕事の成果に応じて給与が増えたりすることはなく、ボーナスも支給されることはないなど正社員の待遇に劣ります。

責任のある仕事はなかなか任せてもらえない

先ほど働ける期間に上限があるといいましたが、それは任せてもらえる仕事にも大きく関わってきます。どんなに長くても3年しか務められず、派遣社員に契約更新の意思がなくなれば、もっと短い期間で契約が終了してしまいます。そのため、責任のある仕事はなかなか任せてもらえず、昇進することもありません。

まとめ

どの雇用形態にも必ずメリットとデメリットはあります。派遣社員であれば、自由度が高い所や一定期間で仕事ができるというのは大きな強みです。しかし、裏を返せば働ける期間が決まっており、待遇も正社員に比べれば劣ってしまいます。派遣として働くことを考えている方は、既婚か未婚か、子どもはいるのかいないのかなど自分の現在の状況を加味しつつ、メリットとデメリットをよく比較して検討してみてください。

派遣の求人を見る